「勤労感謝の意味を問い直し、働く人々が大切にされる幸福社会を願う」号

【目次】

◆1はじめに
勤労感謝の意味を問い直し、働く人々が大切にされる幸福社会を願う

2)11月 12月 1月 LEPIA研究会・クラブスケジュール

◆3)New!11月27日  「LEPIA文化アカデミア」生命コースオープン記念イベント

◇4)12月5日憲法カフェ 過去の参加者ご感想、広報拡散のお願い

◆5)勤労感謝!コロナに果敢に立ち向かった墨田区保健所の実例レポ―ト

◇6)「LEPIA文化アカデミア」創立趣旨とご支援ご協力のお願い


 1  はじめに
勤労感謝の意味を問いなおし、
働く人々が大切にされる幸福社会を願う

「勤労感謝の日」の源は、明治憲法「天皇主権」「国家神道」の下、「新嘗祭」(天皇が新穀を神に捧げ、収穫に感謝する儀式)として、厳粛に執り行われた事からです。
1947年、新憲法では「国民主権」に替わり、「国民の祝日に関する法律」が制定されました。新嘗(にいなめ)祭は、「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう日」として、「勤労感謝の日」に決まりました。
勤労感謝の日の英訳は、Labour(勤労・労働者) Thanksgiving Day(収穫祭)です。
世界的に「Labour Day」は、5月1日メーデーを指し、労働者の権利を主張する日です。発祥地アメリカ始め世界の多くの国々は、メーデー(労働者の日)を祝日にしていますが、日本は祝日にしていません。
勤労感謝とは、新穀物・生産物への感謝だけでなく、国民が、たがいに働く人々に感謝尊敬をし、労働する人々を大切にする日にしたいと、切実に思います。

その理由は、今の日本の自死総数が世界第2位、10万人あたり人口比率換算で、第6位(女性3位)の現実があるからです。先進国で若者の死亡理由トップが自死である国は、日本だけです。
自死者の職業の割合は、「無職者」が圧倒的に多くて半数以上、「被雇用者、勤め人」が3割、1割が「自営業者」です。
原因は、鬱が圧倒的で、次に失業、就職の失敗、生活苦、事業不振、続いて仕事疲れ、人間関係、仕事の失敗などです。全て、働く人々の窮状です。
自死者の遺書には、「申し訳ありません」「ご迷惑をおかけしてすみません」などと、多くは自責の言葉で綴られているそうです。
世界的にみても、多くの働く人々が自死に追い込まれている日本の問題は、雇用差別や賃金格差と強制労働、低所得層に負担が重い税制度などが要因といえます。

日本国民互いや、政府、雇用企業が「働く人々=労働者」に感謝し、大切にする幸福社会に向かいたいと思います。
そこで、国連幸福度ベストテンの国から「労働者の自由と平等、安心できる社会、その支援法制」の一部を挙げてみます

オランダは、パートが主の国ですが、非正規・正規の区別がなく、賃金や社会保障が平等に保障され、十分な生活ができます。子供が小さい時には、夫婦で計画的に家に居ることもできる、労働者側の時間の自由選択=フレキシブル制度です。
オランダの「雇用の柔軟性と保障法」は、EUの「労働市場、労働組織、労使関係の向上と、雇用と収入の安定をより弱い立場にある集団のために、意図的に図る政策」の優れた例とされています。

国連幸福度1位フィンランドの「経済雇用関連省」は、「自由で平等、支援が充実している国」を掲げています。フィンランドも敗戦国でした。多額の賠償金を払うため、女性も生産的に働く必要があり、女性や子供の権利保護、親の介護支援・保育所の充実、試験なしの個性を重んじる教育は、大学まで無料であり、多くの女性リーダーを輩出しました。
残業無しの労働時間(終業16:30)、何度でも再チャレンジできる職業教育、国民の4分の3が持ち家に住み、賃貸は4分の1です。住宅含め労働者保護が充実しています。
また、寛容の高さを、文化として誇りにする国でもあります。

一方、日本の経済界と政治は、「競争力の回復を目指す」人件費の削減と差別待遇内容の規制緩和=「労働者雇用法」を制定し、利益追求を続けています。
この市場競争原理、自己責任に任せるあり方を止めねば、差別、貧富の格差や労働者酷使、更にはいじめ、自死などへと続きます。
日本はILO 国際労働機関(注1)の労働基準8条約(注2)から「強制労働の廃止」(105号条約)を今年6月にようやく批准しました。が、「雇用と職業における差別待遇の禁止」(111号)を批准していません。
人・労働者の尊厳、労働の価値を重んじ、非正規を正規に戻し、平等な権利と自由な生活を保障すべきです。そこから人々・労働者の幸福、生産・社会の安定サイクルが創造できます。
全ての人々が勤労と生産をたっとび、感謝し合い、健康的で文化的な安心した社会保障の充実、寛容ある社会が、平和な世界の土台です。

 LEPIA=命・地球・平和共助・協働ネットワークは、全ての人々が、差別がなく、平等に、働きがいのある仕事ができるように、学び、対話する場を作り、仕事創造活動を展開して参ります。
「ヘルプ活動」から「平等・共助・協働、友愛の民主主義社会を目指す教育機関」へ移行し、人格的にも優れた実践リーダーを輩出する決意です。
皆様のご支援ご協力を心からお願い申し上げます。詳細は、6)をクリックください

(注1)国際労働機関憲章  前文

(注2)「中核的労働基準8条約」
(1)結社の自由及び団結権の保護に関する条約(第87号)
(2)団結権及び団体交渉権についての原則の適用に関する条約(第98号)
(3)強制労働に関する条約(第29号)日本は今年6月批准
(4)強制労働の廃止に関する条約(第105号)
(5)就業の最低年齢に関する条約(第138号)
(6)最悪の形態の児童労働の禁止及び廃絶のための即時行動に関する条約(第182号)
(7)同一価値の労働についての男女労働者に対する同一報酬に関する条約(第100号)
(8)(未)雇用及び職業についての差別待遇に関する条約(第111号)

 2  11月 12月 1月
 LEPIA研究会・クラブスケジュール

お申込み、お問合せは
inochi@lepia.org TEL 080-4576-9993(渡辺)

会場:明日香出版社ビル=文京区水道2-5-11
アクセス:有楽町線江戸川橋3番出てすぐ前の信号を渡り、左側の華水橋を渡り、交差点の右角ビル
ホームページ地図ご参照ください。
当日払い以外、ズームご参加者は以下にお振込下さい。
お振込先:巣鴨信用金庫 光が丘支店 普通 口座番号 3166963 LEPIA代表 渡辺和子

11月28日(日)囲碁・荘子・天文クラブ 
講師 米山忠興東洋大名誉教授(天文物理学博士)

通常第3日曜ですが、11月のみ米山講師がお遍路さんの為、変更        

12:00~13:00 囲碁クラブ 茶菓子有り 会費500円
13:00~15:00 荘子読書会 テキストコピー、茶菓子有り 会費500円
15:00~16:30 天文クラブ テキストコピー、茶菓子有り 会費1,000円

参加費2回目以降は、前納制月謝となります。
講師 米山忠興(東洋大名誉教授)リードの穏やかで楽しく、荘子の内容も宇宙のお話も広がりのある講座です。月や暦、日本の古代の歴史や大人の数学クイズにも触れたり、自由にお話する空間です。
ご専門は「星の生成と星間ガスの安定性」「月と暦」「和算と算額」等です。
会場:明日香出版社ビル1階

12月12日(第2日曜定例) 西郷隆盛研究会 
テーマ「征韓論の嘘と平和外交の真実」
講師 内 弘志氏(敬天愛人フォーラム21代表)
時間 15:00~17:00

1部:西郷さんの目指した維新の目的とは何だったか、足跡から研究
2部:西郷さんの遺志「隣国から正式友好外交・アジア共同体に向かう」政治を目指す
参加費1,000円
会場:明日香出版社ビル1階

12月19日(第3日曜定例) 囲碁・荘子・天文クラブ
時間・会場・内容11月28日囲碁・荘子・天文クラブに同じです。

1月9日(第2日曜定例) 西郷隆盛研究会 
テーマ「征韓論の嘘と平和外交の真実」
講師 内 弘志氏(敬天愛人フォーラム21代表)

時間 15:00~17:00
1部:西郷さんの目指した維新の目的とは何だったか、足跡から研究
2部:西郷さんの遺志「隣国から正式友好外交・アジア共同体に向かう」政治を目指す
参加費1,000円
会場:明日香出版社ビル1階

1月16日(第3日曜定例) 囲碁・荘子・天文クラブ
時間・会場・内容11月28日囲碁・荘子・天文クラブに同じです。

 3  11月27日  「LEPIA文化アカデミア」
生命コースオープン記念イベント

New! 11月27日(土)開催
 (1) ドキュメンタリー映画 『生きるのに理由はいるの』 
(開場13:00  13:30~14:50)

澤則雄監督挨拶 津久井やまゆり園事件が問いかけたものは……
「障害者は不幸しか生まない」犯行者は語りましたが……

(2) 遺伝学研究者と医師によるトーク 人の生命の尊さを根本的に考える
 池内達郎理学博士 講話と質疑応答 「生命の奇跡と尊厳」
 (15:00~15:40)
 三浦聡雄医師 講話と質疑応答「医療の現場から生きる尊さ守る尊さ」
 (15:50~16:30)

(3) 参加者と自由ディスカッション・シェア等
(16:40~17:30)

参加費1,000円当日払い
学生無料。経済的困難な方は0円から自由カンパ(自己申告)
ズーム参加は、映画無しで参加費無料 前日迄に下記へお申し込み 当日午前中にURLを送信します
申込み、お問合せは inochi@lepia.org TEL 080-4576‐9993(渡辺)

New!12月よりLEPIA文化アカデミア 生命(いのち)コース 冬学期スタート!
講話と質疑・ディスカッション
 第1回 12月18日(土)13:30 ~15:00   遺伝学から見る、人のいのちの始まりの奇跡
 第2回 1月15日(土)13:30 ~15:00  遺伝学から見る、いのちの尊厳と平等を考える
 第3回 2月19日(土)13:30 ~15:00  遺伝学から見る差別の誤謬と、人と社会の幸福

 4  12月5日  憲法カフェ
ご感想と広報拡散のお願い

12月5日(日)開催
講師 大山勇一弁護士
テーマ「憲法と政治をめぐる、この一年を振り返って」

14:00~15:00 
大山勇一弁護士による資料と基調講話
15:00~15:30 質問タイム&カフェ開店
15:45~17:00 自由ディスカッション

会場:明日香出版社ビル1階
参加費: 会場参加費1,500円 厳しい方は自由カンパ 学生無料 要申し込み
資料あり。ドリンクバー無料
ズーム参加費1,000円
要申し込み:ご入金確認後、ズーム参加者の方には、当日午前中までに、資料PDFと参加URLを送信致します。 会場参加の方、当日払い可

総選挙も終わり、岸田首相は改憲を強く進める意向を発表しました。様々なご意見・立場の方々が楽しく、本音で語り合える不思議な空間です。楽しく熟議しませんか?是非ご参加と広報拡散をよろしくお願い申し上げます。美味しいお飲み物等もご用意してお待ちしております。

多様な意見を大事にするLEPIAの憲法カフェ(参加者男性のご感想)

これまでに2回、LEPIAの憲法カフェに参加した。憲法には専門用語もあり、個別の法律との関係で理解が難しいところもあるので、弁護士の話を聞くのも悪くないと思った。

大山弁護士は、毎回、丁寧なレジメを準備して下さる。条文の理解だけでは分かったことにはならない。背後の意味や関連する法律、事件なども理解できるよう、そして政党の主張なども織り込んだ説明をされる。

このカフェに参加している人達には、保守的な人も革新的な人もいるようだ。若い世代も高齢者もいる。自民党員、神道に関心がある人、原発政策に批判的な人、日米関係を憂えている人など、カフェに参加する動機は様々だと分かった。

大山さんの説明後に、主催者LEPIAの進行で、質問をしたり、意見を述べ合うことになっている。憲法をどうするべきかを自分の意見として考えると、一概に決めつけられない。

政治的に明確な立場の人達は、他人の意見を軽視しがちだが、ここでは違っていた。これこそが、日本国憲法を学ぶに値する態度だと思っている。

私の目標は、大山弁護士から決まったことを教わることではない。大山弁護士の説明を疑うことである。そして他の参加者の異なる意見も聞き、自分なりの考えをまとめることだ。

それは、議論があって初めて可能となると思うので、このカフェは大切にしたい。

 5  勤労感謝!コロナに果敢に立ち向かった
墨田区保健所の実例レポ―ト

墨田区立保健所(西塚至所長、同区保健衛生担当部長)は、コロナ感染第5波の中、重症者、死亡者ゼロで注目されています。都立ではなく、区立であり、区議会で迅速に補正予算を議論し、都の指示待ちではなく、機敏に住民・地域目線で取り組んだ結果です。
特に第4波時に職員数を25%増やし、125人に増やしたことが大きいといえます。

人員増で、自宅療養者全員に、パルスオキシメーター配布や、24時間体制の自宅訪問可能にしました。ワクチン接種も都内で有数のスピードでした。都が行う医療従事者のワクチン接種も区独自に早くに済ませて、一般接種に備えたのです。国が進める個別接種方式ではなく、集団接種の方式をとり、接種券も1ヶ月早く配布し、災害対策の日頃の成果を生かしたそうです。

特に、地方完結型の医療体制「墨田区モデル」を構築し、抗体カクテル方式を速く導入しました。

都立病院の調整は、都が行い、患者急増で受け入れ困難な状態でしたが、墨田区は、医師会、各病院と毎週情報共有をし、区内病院の協力体制で、回復期の患者は、中小病院が引き受け、重症者、中等症、軽症の方のベッドの確保ができたのです。
この転院システムを1月に整えて3日目に入院待機者がゼロとなり、死亡ゼロにつながったと言えます。早期の抗体カクテル療法の取り組みは、7月19日に重症化リスクの高い軽症・中等症患者のち治療薬として特例認可されると、すぐに区内の病院で治療を開始しました。
この患者目線、地域医療の協力体制は、大阪の危機的状況=酸素やベッドが足りない、患者が満杯の状況を医師会と共に解決策を持って臨んだのです。

昨年6月に墨田区は自前で、十分なPCR検査センターを設置、体制を確立し、唾液による検査法を取り入れ、保健所も都にの指示待ちではなく、自前で唾液検査を開始しました。

このことがなぜできたのか?
それは14年前にデング熱が代々木公園で発生した時に、蚊を捕えて検査を繰り返した職員がいて、今回のコロナ感染対策にも、その職員がいち早く検査方法、事業をリードして整えて、緊急時に生かすことができたのです。

都の指示待ちではなく、区の職員や保健所が、住民の命を守るため、日頃から検査の研究や情報収集をしていた重要性が明確になりました。パート労働や派遣切り、雇い止めなどがはびこる中、日頃の持続的で、定着した積み重ねの職員、職場が緊急時に迅速な生命を守ると言えます。

私たちも、広域行政の指示やお金目線だけで判断せず、地方自治、地域住民とつながる持続的な職員増や、日頃の研究体制を大切にする視点を持つべきと思います。

 6  「LEPIA文化アカデミア」
創立趣旨とご支援ご協力のお願い

命・地球・平和共助・協働ネットワークLEPIAの前身は、2011年東日本大震災時の翌日に、太陽エネルギー研究会から社団法人定款を作成し、4月に命・地球・平和産業協会認可。救援活動からスタートしました。生命破壊の産業ではなく、地球・自然環境を守り、安心な生活と健康、温かな繋がりの幸福、平和の産業ネットワークを想定した組織でした。
2020年コロナ禍による企業ご寄付のストップとイベント中止が重なり、活動停止に追い込まれました。が、2021年4月に新たな市民の協議運営組織と個人の賛助制度により活動を再スタート致しました。

今、LEPIA文化アカデミアを11月27日オープン致します。以下設立趣旨です。

1) 全ての生命の尊重と持続可能な自然循環システム、平和と民主主義探究のLEPIA10年間の歴史を踏襲します。

2) 不公正な経済社会では、貧富格差拡大です。  自然・社会・知的財産を、人々の幸福な政治・経済・社会の為、公正平等に活かせるように、これまでの教育システムとは違う自由・平等・友愛・創造新しい民主主義リーダー教育機関を提供します。

3)北欧は米国より一人当たり経済水準は低くとも、大学教育までと成人職業教育や医療の無料、福祉制度充実、男女平等、 言論の自由、労働時間・賃金の労働者保護、子供と親の家庭時間保障など充実した暮らしが人々に等しく安定的に提供される社会経済システムがあります。選挙投票率は80~90%以上です。その政治・法律・民主主義の認識の高さを学び、比較研究を行います。

4)賛助会員はじめLEPIAに参加する方々の生命の喜び、知性、自由と平等と友愛に基づく人間性、コミュニケーションを高め、創造的なカリキュラムを準備します。 楽しさを伴っての高い志、命・地球・平和の経済循環活動メンバーを育む共同体形成に向かいます

5)経済的に困難な方も遠慮なく学べる奨学方針で、自己申告の無料及び0円~自由カンパ制度を常設します。資金は志ある賛助会員のご支援や教育支援のご理解の寄付金で賄います。
LEPIA命・地球・平和共助・協働ネットワークは、個人の賛助会員制度を基盤とし、微力なスタートですが、上記の高い志と強い情熱を持ち、友愛を大切に、運営委員・サポーターの協議、共助、協働により、LEPIA文化アカデミアを創立運営し、世界の繋がり、平和の発展も目指して進みます。
皆様とのコミュニケーションを大切に、温かで自由平等な友愛と教育活動を発展させ、共助・協働の実践を重ね、幸福・平和社会の形成に尽力します。

賛助会員制度、サポーターの資格制度

賛助会員は、誰もが趣旨に賛同する方は入会できます。LEPIA文化アカデミアを共に作る仲間と言えます。またクラブ活動もありますし、会員企画も取り入れます。運営を支える毎月の賛助会費を納め、月に2回の無料LEPIAおたよりを受け取ります。メールか、希望者には郵送します。
無料YouTube経由のLEPIAラジオ放送、お誕生日メッセージと参加チケット他プレゼントがあります。カルテを作成し、ご希望等を活かすように努めます。
毎月、200円、250円、300円、500円、800円、1,000円、2,000円、3,000円、5,000円以上のご希望額納入です。
納める方法はご相談で決めます。1ヶ月、3ヶ月、半年、1年一括等選択ください。他にご寄付も随時どうぞよろしくお願い申し上げます。

振込の方は右記 巣鴨信用金庫 光が丘支店 普通 口座番号 3166963 LEPIA代表 渡辺和子

申し込み・お問合せ vitamin_kazuko@lepia.org TEL 080-45769993 渡辺 水・金・土・日

サポーターは、LEPIAイベントにご参加の方であり、ボランティアスタッフをお願いします。
運営協議会に出席し、意見を反映できます。

運営責任は、コア運営委員会が持ち、賛助会員・サポーターに責任はありません。自由に入退会を希望できます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です